行政書士の通信講座でなら社会人でも挑戦できる

幼稚園で働くなら

保育士と児童

保育士とは異なる資格

子どもと関わる仕事をしたいと、幼稚園教諭を目指す人は多いです。幼稚園教諭になるには、国家資格である幼稚園教諭免許を取得する必要があります。同じく子どもと関わる仕事に、保育士がありますが、こちらも国家資格です。現在のところ、幼稚園教諭免許と保育士免許は同じではありません。幼稚園教諭の場合、基本的に働く場所は幼稚園となり、民間の託児施設などでも受け入れてくれることもあります。一方保育士の場合、保育園や乳児院など、0〜2歳児の乳幼児を預かる場所や児童養護施設、民間のベビーシッターなど働く場所がさまざまあります。自分がどのような場所で働きたいのかを考慮して、取得するべき資格を選ぶようにすることがおすすめです。

実技や心理学を学ぶ

幼稚園教諭の資格を取得するためには、幼稚園教諭養成課程のある大学院や大学、短大で学ぶ必要があります。そこで養成課程を修了することで資格を取得することができます。大学や短大では、ピアノやリトミック、折り紙、体操、美術などの実技、また心理学や臨床心理学といった、子どもの心、感情のコントロールなどを学びます。また、課外授業として教育実習も行われます。短大で学ぶと一番早く社会人として働くことができるというメリットがあります。大学院や大学で学ぶ場合は、より専門的な知識や技術を得られるというメリットがあります。長く学ぶとそれだけ学費もかかってきますが、4年制大学を出た1種免許を持っている人のほうが、短大を出た2種免許持っている人よりも待遇が優遇される傾向があり、よく考慮して選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加